JSA

お金の話①日本円の未来

こんにちは、Keiです。

本日は突然の質問から入ります。

質問①

Kei
Kei
下の2つの時計、どちらが欲しいですか?

【質問①どちらの時計が欲しいですか?】

①世界で100個限定の時計
②世界で上限なく作られ続ける時計

※①②はデザイン、品質は同じ、ロゴだけ違うとする。

限定品なので①の方が価値も高そうですし、高値で売れるかもしれません。

そのため、①と答える方が多いのではないでしょうか。

質問②

時が流れ、①の時計の販売会社が悪だくみを始めたらどうでしょう。

限定品と言いつつ、実は上限なくその時計を作り始めたとします。

以下の2つの時計、どちらが欲しいですか?

【質問②どちらの時計が欲しいですか?】

①世界で100個限定と言いつつ実は上限なく作られ続ける時計
②世界で上限なく作られ続ける時計

※①②はデザイン、品質は同じ、ロゴだけ違うとする。

限定品で価値が高いと思ったから最初の質問では①の時計を選んだのに、限定品という優位性が無くなってしまいました。

ただし、①の販売会社は限定品ではなくなったという事実を公表しないため、人々は未だに限定品と思い込み、今まで通り①の時計の方が価値が高いと考え、①を購入するでしょう。

このタイミングならばまだ①の時計は高値で売れそうですね。

質問③

またまた時が流れ、何かおかしいと思う人が増えてきました。

100個限定の割に①の時計をつけている人が非常に多いことに違和感を感じ始めます。

メディアなども嗅ぎ付け、①の悪だくみが世間に公表されたとします。

この状況では以下の2つの時計、どちらが欲しいですか?

【質問③どちらの時計が欲しいですか?】

①世界で100個限定と言いつつ実は上限なく作られ続けているという嘘が世間に知れ渡った時計
②世界で上限なく作られ続ける時計

※①②はデザイン、品質は同じ、ロゴだけ違うとする。

この状況ですと、②の時計を選ぶ人の方が多くなりそうですね。

①の時計はもう売ろうとしても売れないくらいに価値が下がってしまっているでしょうからね。

最初は①の時計をもっていることでもてはやされていた人も、この状況下では逆にあの時計持ってるんだ・・・と冷たい目で見られるなんてこともあるかもしれませんね。

 

この3つの質問でわかることは、

数が増えると需要が合わせて増えない限り価値が下がる

ということです。

 

信じたくないかもしれないですが、皆さんがお持ちの日本円。

数(発行量)がどんどんどんどん増えています。

当然日本円の価値は下がってきています。

大事に大事に貯金している日本円の価値が下がってきてしまっているのです。

現在貯金が1000万円あるとして、円の価値が下がって物価が上昇していった場合、

20年後いくらの価値まで下がることになるか。

物価上昇(円の価値の低下)率ごとのシュミレーションは以下の通りです。

年5%でインフレが進んでいった場合、20年後には3分の1程の価値まで低下することになります。

アフリカのジンバブエという国ではハイパーインフレが実際に起こり、紙幣で子供が遊んだり、ゴミとして捨てられるという事態も起きてしまいました。

こちらがジンバブエの動画になりますので、是非ご覧ください。

ここまでの話を聞いて怖くなってきた方が多いかもしれません。

ですが、今はまだ日本円には価値があります。

1万円札で買えるものってそこまで驚くほど大きくは変わってないですもんね。

ということは・・・

日本円にまだ価値がある今のうちに日本円以外のものに変えて自分の資産を保有しておかないと大変なことになりませんか?

価値が下がった後(先程の3つ目の質問のような状況)になってからでは時すでに遅しです。

 

不安さん
不安さん
とても不安になりました。どうすれば・・・

 

では日本円以外に何を持つのが良いのか・・・については次の記事に続きます。

 

Keiの学びについて

・私が学んでいる内容はブログにて配信していきます。

・日々の配信の連絡はLINEを使用して共有させて頂いています。継続してブログを読みたい方は登録してみて下さい。

LINE登録はこちらです!

【私と妻の口癖です】
Kei
Kei
俺ならできる!俺達ならできる!
妻
私ならできる!私達ならできる!

このブログを読んで下さった皆様が勇気を出して一歩を踏み出し、

自分の望む人生を歩んでいかれることを願っております。

0