JSA

自責と他責

こんにちは、Keiです。

 

Kei
Kei
皆さんの所属する会社では周囲でどんな会話が行われていますか?

 

このブログを読んで下さっている方は会社員の方が多いのかなと思います。

あなたが所属している会社ではどんな内容の会話が行われていますでしょうか?

私の会社で周囲から聞こえてくる話題は以下のようなものが多いように思います。

【私の会社で行われている会話の話題】

①上司の愚痴

②仕事の愚痴

③会社の愚痴

④給料・賞与への不満

⑤将来への不安

⑥仕事終わりから家に帰宅するまでの間の出来事(大体最終的には愚痴)

会社では愚痴や批判など負の言葉ばかりが飛び交っているなぁと思いました。

前向きな言葉を発する人は少数派です。

愚痴も批判も『他責』の思考から生まれるものだと思っています。

『上司が何もしてくれないせいだ』

『緊急度の高い仕事を任されたせいで忙しい』

『会社の制度がイマイチだ。お偉いさんたち何とかしてくれ』

『会社がもっと給料を上げてくれればなぁ』

全部他責です。

他責にしたり、他人を批判したりしても無意味ですよね。

何も変わらないので。

他人を批判している時間があったら自分のことに集中すべき

と思います。

 

会社の外に出るとどうでしょうか。

会社の外ではどんな会話が行われる環境にいますか?

会社の中では『他責』の思考に散々触れてしまっているのですから

会社の外では『自責』の思考にたくさん触れた方が良いと思います。

そうでなければいつの間にか自分も『他責』の思考に汚染されてしまった人間になってしまうかもしれません。

 

人生は一度きり。自分が主人公です。

人生で起きる出来事は自分が過去に行った決断の延長線上にあると思います。

自分の決断の延長線上なのですから、何があっても全て自分の責任です。

日頃から自責の思考で物事を考えるべきと思います。

 

今私が学んでいる上昇学では、自分の責任のもと、自分の望む人生を手に入れようと真剣に行動されている方が多いです。

もちろんそれぞれ目指すべき目的地は違います。

共通しているのは自分の人生を自分の望むものにしたいという考えだと思います。

お金を稼ぐことが目標ではないです。

お金は5の次であり、ツールに過ぎません。

お金を稼ぐことに一番大事な時間を使わないで良い状況を作り上げる。

そして人としてのマインドなどが構築された状態で、自分が本当にやりたいことに時間を使っていく。

今私が学んでいる上昇学はこういうことを目指している人達の集まりです。

上昇学のメンバーの方々のブログも読ませて頂いていますが、自責の思考から生まれる前向きな言葉・思考から良い刺激をたくさん頂いています。

 

『世界の中の日本の中の1つの会社の中という小さな環境下で他責の思考から生まれる後ろ向きな言葉』

ではなく、

『自分の望む人生を送るために自責の思考から生まれる前向きな言葉』

を多く聞く人生を歩んて行こうと思います。

 

Keiの学びについて

・私が学んでいる内容はブログにて配信していきます。

・日々の配信の連絡はLINEを使用して共有させて頂いています。継続してブログを読みたい方は登録してみて下さい。

・上昇学・JSA・JA・自由万歳案件に興味がある方、情報連携可能ですのでいつでもLINEからご連絡下さい。

LINE登録はこちらです!

【私と妻の口癖です】
Kei
Kei
俺ならできる!俺達ならできる!
妻
私ならできる!私達ならできる!

このブログを読んで下さった皆様が勇気を出して一歩を踏み出し、

自分の望む人生を歩んでいかれることを願っております。

0