マインド

しない方がいいことをしない

こんにちは、Keiです。

フリーアナウンサーの住吉美紀さんによる元メジャーリーガーのイチローさんへのインタビューの記事を読みました。(記事はこのブログの最後にリンクをつけておきます)

この記事の中で印象的だった内容をご紹介したいと思います。

イチローといえば、「何があってもやり抜く」というイメージがある。やり抜く力、いわゆる「GRIT(グリット)」は、今ビジネス界でも注目されているキーワードだ。やり抜く力は才能や能力よりも重要だと言う人もいるが、イチローの考えは少し違う。

「やり抜くということがそもそも才能の一部です。19年間メジャーリーグの世界を見てきましたが、それができる人はほとんどいませんでした」

やり抜くことは才能だというイチローは、生まれながらにしてその才能を持っていたのだろうか。尋ねると、「いやいや」と笑いながらイチローは答えた。

「生まれながらに持っている人間なんて、存在するんでしょうか?」

では、どうやってやり抜く力を身に付けたのだろうか。

「実は、『これをやった方がいい』と感じることは漠然としている場合が多く、それをするのは難しいんです。だからより明確な、『しない方がいいことをしない』を重ねてきました」

成功するためには、

成功するまでやる

というやり抜く力が必要です。

イチローさんは言わずと知れた大成功者ですが、

やるべきことをやるというよりも、しない方がいいことををやらない

という意識を持たれていたようですね。

やらない方が良いことを断っていくと、結果的に残ったものがイチローさんにとってのやるべきことだったと理解しました。

これはまさに、

決断(決めて断つ)

だと感じました。

自分の目標に到達するためには、

現在自分が行っている「やる必要のない習慣」「不要な習慣」「悪しき習慣」を断つと決める必要があります。

・意味もなくだらだらとテレビを見てしまう

・しなくても良い残業を何となくしてしまう

・スマホでどうでも良いニュースを見てしまう

etc

このように人によって断つべき習慣は様々だと思います。

大切な時間を浪費せず、目標に近づくための行動に使うために、不要な習慣を断つと決めて継続していきましょう。

継続することで、断つと決めた行動をしないことが新しい習慣になります。

その次に、目標に近づくためのやるべき行動を継続して、習慣にしてしまいましょう。

ここまでくれば目標を達成するのは時間の問題になってくるはずです。

 

Kei
Kei
あなたならできます。

 

 

Keiの学びについて

・私が学んでいる内容はブログにて配信していきます。

・日々の配信の連絡はLINEを使用して共有させて頂いています。継続してブログを読みたい方は登録してみて下さい。

LINE登録はこちらです!

【私と妻の口癖です】
Kei
Kei
俺ならできる!俺達ならできる!
妻
私ならできる!私達ならできる!

このブログを読んで下さった皆様が勇気を出して一歩を踏み出し、

自分の望む人生を歩んでいかれることを願っております。

2+