マインド

3:10:60:27の法則

こんにちは、Keiです。

 

Kei
Kei
3:10:60:27の法則を知っていますか?

 

3:10:60:27の法則というものがあります。

ハーバード大学の検証結果として出された『人間の行動レベル』に関するデータです。

例として出されるのはあるセミナーに参加した人の行動に関する例です。

【例】

<前提>

あるセミナーに100人が参加しました。

全員が同じ話を聞き、同じ課題を出されました。

その課題をできるようになれば結果が出るようになると言われました。

 

<セミナー後の行動>

■3人・・・言われたことをすぐ行動に移し、そして結果が出るまで続け、無意識のうちにセミナーで言われた結果をつかむことができた。

■10人・・・言われたことを悩みながらも行動し、何回も挫折しそうになったが、なんとか耐えて、3人よりかは遅れながらも結果をつかむことができた。

■60人・・・すぐには行動に移さなかったが、他のセミナーに参加したり話を聞き、とりあえず行動にまでは起こした。

■27人・・・その後、なにも行動には移しませんでした。

ここに挙げた例はセミナー参加者のその後の行動についてでしたが、

その他の場面でも往々にしてこの割合が当てはまると言われています。

私の経験を思い返してみると、

・学校生活

・会社生活

などでも各分野での行動は大体このような割合で分かれていたように思います。

 

同じ話を聞いたとしても、

行動をして結果を出すことができるのは13%だけということですね。

ある分野では3%に入るけど、

別の分野では27%に入るということもありそうです。

投資や資産運用に関してもこの割合は当てはまるのでしょうね。

私はこの分野では結果を出す必要があるので、

必ず13%に入るべく情報をとり、行動を継続していきます。

皆さんはどうでしょうか?

労働収入以外の収入の柱を作りたいと考えているならば、

13%の中に入ることを決めて情報をとって行動をしていく必要があります。

 

やるかやらないかを決めるのは自分自身です。

もし皆さんが13%に入ると決めたならば私は全力で応援します。

恐らく会社では投資や資産運用の話をできる相手はほとんどいないのではないでしょうか。

1人で継続するのは難しいですよね。

しかし、目標に向かって一緒に進む仲間がいれば継続していける可能性も高まると思います。

このブログを読んで下さっている皆さんには13%に入って欲しいと思いますし、

一緒にぞれぞれの目標を達成したいと思っています。

 

Keiの学びについて

・私が学んでいる内容はブログにて配信していきます。

・日々の配信の連絡はLINEを使用して共有させて頂いています。継続してブログを読みたい方は登録してみて下さい。

LINE登録はこちらです!

【私と妻の口癖です】
Kei
Kei
俺ならできる!俺達ならできる!
妻
私ならできる!私達ならできる!

このブログを読んで下さった皆様が勇気を出して一歩を踏み出し、

自分の望む人生を歩んでいかれることを願っております。

1+